HOME»  » TOP  » RSS  » ADMIN

category

  • [BYJ]情報(204)
  • [BYJ]家族の想い(10)
  • [BYJ]動画(18)
  • [BYJ]Artwork(0)
  • [好き]音楽(19)
  • [好き]BOOK(5)
  • [好き]映画/ドラマ(9)
  • [好き]未分類(7)
  • [3D]動画(23)
  • [3D]画像(3)
  • [3D]日々徒然(148)
  • [3D]覚書(10)
  • [3D]お気にソフト(1)
  • [3D]情報(3)
  • [3D]未分類(49)
  • [情報]孫ブロ(21)
  • [情報]韓国(11)
  • [情報]PC関連(59)
  • [情報]サイト関連(11)
  • [情報]ソフト関連(2)
  • [情報]動画(12)
  • [情報]音楽(4)
  • [情報]画像(5)
  • [情報]カメラ(3)
  • [情報]未分類(24)
  • [情報]電子マネー(1)

クリック募金

Sponsored Link

dot1 dot1

listスポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告--.--(--)--:--|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑
dot1 dot1

#385 ショパンさんへ

読むたびに自分自身と向き合わざるおえない聖書は奥が深いです。

解釈は価値観。
価値観は、その人そのものだから、聖書として文字となった時点から
文字は動かず、いろいろな解釈が起きるのは仕方が無いことだと思います。

私はプロテスタントですが、
宗教と言う言葉が意味する集団的心理は好きではありません。
神様と私の一対一の関係、信仰という言葉の方がしっくりしますね。

皆、何かを信じて生きてると思います。
それが神様でなくても、親だったり、旦那様だったり、恋人だったり。
信仰と言う言葉は何か特別なことのように聴こえそうですが、誰もが持っている信じる心と変わらないと思います。

今の自分より1mmでも良くなるのなら、役立つ人間になれるのなら、
ただそれだけで、私は洗礼を受けました。
こんなことを言ってる私は、やさぐれ不良クリスチャンですね^^;
2007.10.09(Tue)23:49|3D編集Top↑

#382 Not Subject

そうなんですか~
kesaさん洗礼を受けていらっしゃるんですね。

私はカトリックもプロテスタントも10数年にわたり
研究をしました。

もちろん牧師、神父さま、シスター、クリスチャンの方々の研究に参加してですが。聖書も数冊持っています。(宗派によって解釈が違う)

優柔不断のところが出てるのかも。
守れない約束から罪悪感に陥ることも避けたい。

こんな理由付けをするうちは到底信者さんなど
程遠い私です。

でもわたしの「生きる指針」は聖書なのです。


2007.10.09(Tue)04:05|ショパンのメロディー編集Top↑

コメント投稿フォーム

本文:


名前:

件名:

BLOG/HP:

PASS:

SECRET:

[非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい] 

dot1 dot1
dot1 dot1

スポンサーサイト のトラックバック

スポンサーサイト のトラックバックアドレス

dot1 dot1
dot1 dot1

list一冊の聖書が教えてくれたこと

成人してからですが、ある先生との出会いから、私は洗礼を受けクリスチャンと成りました。

洗礼式の後に、その先生が全員に贈って下さった立派な聖書。
先生がお使いになっている聖書と同じものです。
先生の聖書は何度も何度も開かれ、使い込まれたものでしたが
「7冊目なのです^^」と言っておられました。

お会いすると、いつも「自分がして欲しいことを隣人にもして差し上げなさい」と教えてくださる方でしたが、贈られた聖書を見て、その心が先生の真実なのだと感じたものです。

職業を通して、行動で、実践で「愛」を表現して行くことを気付かせて下さいました。
中々、お会い出来なくなってしまったけれど、今も同じ心で多くの方にお話しをされていることでしょう。

雨の日に、ふと、思い出した出来事でした。


[3D]日々徒然09.30(Sun)14:30コメント(2)トラックバック(0)Top↑
dot1 dot1

#385 ショパンさんへ

読むたびに自分自身と向き合わざるおえない聖書は奥が深いです。

解釈は価値観。
価値観は、その人そのものだから、聖書として文字となった時点から
文字は動かず、いろいろな解釈が起きるのは仕方が無いことだと思います。

私はプロテスタントですが、
宗教と言う言葉が意味する集団的心理は好きではありません。
神様と私の一対一の関係、信仰という言葉の方がしっくりしますね。

皆、何かを信じて生きてると思います。
それが神様でなくても、親だったり、旦那様だったり、恋人だったり。
信仰と言う言葉は何か特別なことのように聴こえそうですが、誰もが持っている信じる心と変わらないと思います。

今の自分より1mmでも良くなるのなら、役立つ人間になれるのなら、
ただそれだけで、私は洗礼を受けました。
こんなことを言ってる私は、やさぐれ不良クリスチャンですね^^;
2007.10.09(Tue)23:49|3D編集Top↑

#382 Not Subject

そうなんですか~
kesaさん洗礼を受けていらっしゃるんですね。

私はカトリックもプロテスタントも10数年にわたり
研究をしました。

もちろん牧師、神父さま、シスター、クリスチャンの方々の研究に参加してですが。聖書も数冊持っています。(宗派によって解釈が違う)

優柔不断のところが出てるのかも。
守れない約束から罪悪感に陥ることも避けたい。

こんな理由付けをするうちは到底信者さんなど
程遠い私です。

でもわたしの「生きる指針」は聖書なのです。


2007.10.09(Tue)04:05|ショパンのメロディー編集Top↑

コメント投稿フォーム

本文:


名前:

件名:

BLOG/HP:

PASS:

SECRET:

[非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい] 

dot1 dot1
dot1 dot1

一冊の聖書が教えてくれたこと のトラックバック

一冊の聖書が教えてくれたこと のトラックバックアドレス

dot1 dot1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。