HOME»  » TOP  » RSS  » ADMIN

category

  • [BYJ]情報(204)
  • [BYJ]家族の想い(10)
  • [BYJ]動画(18)
  • [BYJ]Artwork(0)
  • [好き]音楽(19)
  • [好き]BOOK(5)
  • [好き]映画/ドラマ(9)
  • [好き]未分類(7)
  • [3D]動画(23)
  • [3D]画像(3)
  • [3D]日々徒然(148)
  • [3D]覚書(10)
  • [3D]お気にソフト(1)
  • [3D]情報(3)
  • [3D]未分類(49)
  • [情報]孫ブロ(21)
  • [情報]韓国(11)
  • [情報]PC関連(59)
  • [情報]サイト関連(11)
  • [情報]ソフト関連(2)
  • [情報]動画(12)
  • [情報]音楽(4)
  • [情報]画像(5)
  • [情報]カメラ(3)
  • [情報]未分類(24)
  • [情報]電子マネー(1)

クリック募金

Sponsored Link

dot1 dot1

listスポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告--.--(--)--:--|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑
dot1 dot1

#360 ショパンさんへ

ショパンさん、こんばんは^^

冬ソナには心が疼きます。
チュンサンにもミニョンにもユジンにも、感情移入が出来てしまう。

今、冷静に考えてみると、主役の二人が素晴らしかったのもあるけれど、ユン監督の美学に多くの視聴者の魂が共鳴したからこその大ヒットだったのですよね。
私には、職人気質かな?とか、金銭欲をあまり持っていらっしゃらない方という印象でしたが、どんな方なのでしすかね?

冬ソナは美しかった。
ユジンの美しさは女性としての私の理想です。
ミニョンさんの心の在り方は人としての私の理想です。

2007.06.23(Sat)02:51|3D編集Top↑

#358 Not Subject

kesaさんやっぱり「冬ソナ」には反応してしまう。

今でも、「あなただけが・・」 のピアノ曲をじっくり 聴いてると
胸があつくなる。

ヨンジュン氏も言ってたことがある。
ミニョンとチュンサンをミックスしたような性格が自分に近いと。

知ろうとすればするほど俳優業の辛さ、大変さが感じ取られてくる。
生身の自分が違うキャラクターを演じきるんだから大変でしょう。  

絶対にできそうもない職業ですね。 本と耐えがたいことが多そうです。  ま、その才能もないから心配もないけど。

2,30年後のヨンジュン氏の自叙伝見たいものです。
書いて欲しいなー  と思うこのごろです。

画像の紹介嬉しいです。 ありがとうございます。
2007.06.20(Wed)22:39|ショパンのメロディー編集Top↑

コメント投稿フォーム

本文:


名前:

件名:

BLOG/HP:

PASS:

SECRET:

[非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい] 

dot1 dot1
dot1 dot1

スポンサーサイト のトラックバック

スポンサーサイト のトラックバックアドレス

dot1 dot1
dot1 dot1

list永遠の恋人





今のJOON、お洒落になったなぁって思う。
でも、私が好きなのは、↑こんなJOONなのかもしれない。

最近王子ブームですね。
ハンカチや、はにかみや…
黄色い声援を揚げているのは、どうやらオバサンといわれる年齢の人が多いようです。
ヨン様ブームと似てるとか言ってるTVコメンテーターもいました。

冬ソナのチュンサン・ミニョンサンは「女子の永遠の憧れ」の男子像だったように思う。
「ハンカチ王子」や「はにかみ王子」といわれる青年にその共通項を見いだしているのだろうか?

男は皆、若い子が好きなんだよなぁ~と皮肉を込めて、オバサンは言ったりしてるけど、オバサンも若い子が好きなんだよね、きっと。
男が処女性を求めるように、女も似たような感覚を持っているんだなぁと「ハッ」とする。

↑のような勝手なイメージを押し付けられ求められるJOONも大変だね。
(ハイ、それは私です。すいません^^;)
職業上避けて通れないことだけど、人気が出れば出るほど実質的にも精神的にも負担だろうな。
自分だったら耐えられそうもないわ^^;
捨ててしまいたくなるな、きっと。

JOON家族から王子に流れた人も多いらしい。
本当のところ、自分が思い描く永遠性を感じられるならば、誰でもいいのかもしれない。
何となく身近で、何となく満たしてくれれば。
だって夢の王子様は夢の中で逢えるのみで、自分の現実には入り込んできてはくれないから。
ワーワー、キャーキャー言ってるだけのお気楽な感覚を味わいたいだけかもしれないし。

皆、いろんな理由があって誰かを好きになってる。
相手の理由ではなく、自分の理由でね。

これほど主婦層に人気の高い夢のヨン様・王子様。
これらファンの主婦には不倫主婦は少ないだろうなと思ったりする。
現実の日々は、見飽きた顔と心躍らない毎日で、刺激が欲しいのかもしれない…なんて不謹慎なことを考えた休日の夜。

[3D]日々徒然06.13(Wed)21:35コメント(2)トラックバック(0)Top↑
dot1 dot1

#360 ショパンさんへ

ショパンさん、こんばんは^^

冬ソナには心が疼きます。
チュンサンにもミニョンにもユジンにも、感情移入が出来てしまう。

今、冷静に考えてみると、主役の二人が素晴らしかったのもあるけれど、ユン監督の美学に多くの視聴者の魂が共鳴したからこその大ヒットだったのですよね。
私には、職人気質かな?とか、金銭欲をあまり持っていらっしゃらない方という印象でしたが、どんな方なのでしすかね?

冬ソナは美しかった。
ユジンの美しさは女性としての私の理想です。
ミニョンさんの心の在り方は人としての私の理想です。

2007.06.23(Sat)02:51|3D編集Top↑

#358 Not Subject

kesaさんやっぱり「冬ソナ」には反応してしまう。

今でも、「あなただけが・・」 のピアノ曲をじっくり 聴いてると
胸があつくなる。

ヨンジュン氏も言ってたことがある。
ミニョンとチュンサンをミックスしたような性格が自分に近いと。

知ろうとすればするほど俳優業の辛さ、大変さが感じ取られてくる。
生身の自分が違うキャラクターを演じきるんだから大変でしょう。  

絶対にできそうもない職業ですね。 本と耐えがたいことが多そうです。  ま、その才能もないから心配もないけど。

2,30年後のヨンジュン氏の自叙伝見たいものです。
書いて欲しいなー  と思うこのごろです。

画像の紹介嬉しいです。 ありがとうございます。
2007.06.20(Wed)22:39|ショパンのメロディー編集Top↑

コメント投稿フォーム

本文:


名前:

件名:

BLOG/HP:

PASS:

SECRET:

[非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい] 

dot1 dot1
dot1 dot1

永遠の恋人 のトラックバック

永遠の恋人 のトラックバックアドレス

dot1 dot1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。