HOME»  » TOP  » RSS  » ADMIN

category

  • [BYJ]情報(204)
  • [BYJ]家族の想い(10)
  • [BYJ]動画(18)
  • [BYJ]Artwork(0)
  • [好き]音楽(19)
  • [好き]BOOK(5)
  • [好き]映画/ドラマ(9)
  • [好き]未分類(7)
  • [3D]動画(23)
  • [3D]画像(3)
  • [3D]日々徒然(148)
  • [3D]覚書(10)
  • [3D]お気にソフト(1)
  • [3D]情報(3)
  • [3D]未分類(49)
  • [情報]孫ブロ(21)
  • [情報]韓国(11)
  • [情報]PC関連(59)
  • [情報]サイト関連(11)
  • [情報]ソフト関連(2)
  • [情報]動画(12)
  • [情報]音楽(4)
  • [情報]画像(5)
  • [情報]カメラ(3)
  • [情報]未分類(24)
  • [情報]電子マネー(1)

クリック募金

Sponsored Link

dot1 dot1

listスポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告--.--(--)--:--|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑
dot1 dot1

#330 gafuさんへ

gafuさん、コメントありがとうございます。
gafuさんのおっしゃっているその番組。
たぶん同じ番組を私も見たのかも?^^;
でも、何と言う記憶力の違い!・・・;;
タイガーが世界NO1になった以降の放送だったのですか。。。

タイガーのように「己の成すべきことを知り、成すべき努力を惜しまず尽くす」
そういう方々によって多くの人が希望や夢を頂いているんでしょうね。
活躍の場は人ぞれぞれですが、
誰もが誰かのヒーローになることは可能な気がします。
与えられた天分(資質)を余すところ無く使い切る努力をしたいものです。



2007.03.16(Fri)03:19|3D編集Top↑

#328 タイガーウッズに反応して

タイガーウッズの努力には日頃感心している一人です。

日本の言う,嫌がらせとはまた違った嫌がらせが,多くあった事を、以前ドキュメントで知りました。

人種差別の根強い国である事を改めて知りました。

特に,アフリカンの血を引く彼は,どんなにゴルフが上手くても,ある国に置いては,コースに入れてもらえなかった経験もあるそうです。   白人より良い成績で,回ると,ブーイングを受けた事もしばしば。

母は,何時も,彼の努力が報われないので,ご主人と相談して,息子が可愛そうだから,ゴルフを止めさせようと考えたそうです。 お父様は,スポーツは万人のも,肌の色で競技に参加出来ないスポーツはおかしいと,何時も訴えておられました。  このドキュメントは,ウッズが,初めて世界NO1になった後、放送されました。

野球のメジャーでも,最近は待遇が良くなって来たそうですが,アジアンは,随分と,嫌がらせを受ける事を,新庄さんが語っていました。 しかし,今では,多くのアジアンが,世界に挑戦して,アジアンの力を見せています。

最近のCMで,凄く心に響く物がありました。      サッカーの三浦選手の。CMですが,彼が言います。

『世界は遠い?』  日本だって世界の一つじゃないか!!   これですよねー。  全く同感

スポーツは,日本から見ると,海外勢が強く感じてしまいます,そこで「世界は遠く,勝つのは難しい』と,言う事なのでしょうが,世界は の言葉に,確かに疑問がありますね。 日本は世界の一つであり,遠いものと言う言葉はおかしいのです。   日本語が難しいのか?日本を卑下しているのか?と思われてしまいますね。

すみません,ウッズさんの話から,広がってしまいました。

陰湿ないじめが問題な今日(過去からありますが)。  人は生きてると,子供時代だけではなく,大人社会でも多くのいじめに遭う事もあります。  対処方は,百人十色かもしれません。 いや,百人百色でしょうか?

長文読んで下さいましてありがとうございました。
2007.03.03(Sat)02:43|gafu編集Top↑

#326 スナフキンさんへ

くぅ~。お恥ずかしい。
論拠提示無しのグダグダな感情論を読まれたんですね;;
書いた後にも、気になっていたエントリーだったのですが・・・
いけませんね~。グダグダで。
持ってる気持ちは自分の考えそのものなのですが、いかんせん、文にするには私の懐が浅すぎました。
スナフキンさんのような考えかたも表現する文章も好きです。
頭の中での位置づけが文章にも表れるのでしょう。
あ~、書いてくださってありがとうございました。
自分の書いたものを改めて省みれて良かったです;;
2007.02.26(Mon)14:12|3D編集Top↑

#323 Not Subject

こんばんは。初めまして。
読ませていただきました。う~ん、人はというか群れができれば必然的にそこにルールを持ち出す人がいる。
所謂上澄みをすくう形であっても最低限のルールがないと
共存できないからだろうと私は思います。
まあ、だからといってそれがすべてに適用もされはすまいと
常々思っているわけで。
 元々個であるものが集団になる。同一な物などそこには
ありえないのに・・
 正直私は群れが苦手です。同じような・・はあっても
同じ感覚で物を捉える事は不可能だから。
マジョリティとは大多数と訳されますが、数の問題が
正義と結びつくとは私には思えない。
 単に大多数を規制するための物か枠のような
物だと考えます。まっとうな正義がそこに存在するか
否かは・・はっきりとはいえないでしょう。
 では、自立とはなんぞや?
条件かな?職業的?精神的?
なんにしても、人はどんな場合でも守られてというのは
あるだろうか・・もしもそうだとしても直面する問題の
一つや二つはある。
そこで自分の見解、価値判断、(それを偏見ともよぶかな?)
でもって考えられるかどうかが自立とよばれるものでは
ないでしょうか?そこにも様々な情報が作用していないとは
いえないけれど。
 誰かがこういった・・正しい意見かどうか・・どこにも
結局は正解などこの世のどこにもありはしないと
私は思います。

報道と言う物は・・何かに光をあててクローズアップするもの、
それもまたどこに真実があるのか、見る側の背景にも
大きく依存されていますよね?

何事も・・混在する、否定も肯定も・・この世は
そして人間とはそんな世界に生きるもの。

言われている事に否は唱えようと思っていません。
ちょっとコメントしました。失礼します。
2007.02.14(Wed)02:52|スナフキン編集Top↑

コメント投稿フォーム

本文:


名前:

件名:

BLOG/HP:

PASS:

SECRET:

[非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい] 

dot1 dot1
dot1 dot1

スポンサーサイト のトラックバック

スポンサーサイト のトラックバックアドレス

dot1 dot1
dot1 dot1

listマジョリティとマイノリティ

昨日、今日とTVを見ていたら、日本に戸籍を持たない子供達が存在すると言うことを流していた。

パスポート申請を受理して貰えず、高校の修学旅行に行くことが出来ない16歳の女の子。
離婚後300日以降の出産予定が、早産によって292日で生まれた赤ちゃん。

100年前に制定された法律で、今、理不尽な生活を強いられている人達がいる。


「法律とは多数をカバーする為に作られていますから、特殊な場合には裁判所に申し立てをして云々・・・」などと、モンキリ口調で公務員の方が語っていました。


それを聴いていて、ふと思ったの。




正しさを剣にしてしまう人って、マジョリティな人たちじゃないかな?
自分がマイノリティになったことが無いから、その人たちの心がわからないんじゃないかな?



以前、タイガー・ウッズのTVを見たことがあった。
その時に、タイガーは、いろんな国の血を受け継いだマイノリティの中の血筋なのだと言うようなことを言っていた。
白人首位。黒人差別。
表立っての嫌がらせは無かったかもしれないが、今のタイガーになるまでに、沢山の"目”に遭っている。

タイガーの父は、「だからこそ、お前は勝たなければならない。
お前の持つ沢山の国々の血。お前が勝つことは、その国々の人々に夢や希望を与える。」と言いながら育てたと言う。

タイガーもその責任を自覚し、その為にも勝ち続けるし、努力し続けると言っていた。


私はタイガー・ウッズを好きになった。




世の中は、基本、マジョリティの為に存在する。
マジョリティに属するということだけで、理不尽な苦労をしなくて済む。

だいたい、マジョリティに生きる人は、マジョリティとかマイノリティとか考えない。
自分の住むマジョリティの世界しかないと思ってるふしがある。

マイノリティが受ける理不尽さを知らないのだから仕方が無いといえば仕方が無いのだが。
しかし、それで良いという事ではない。

マイノリティは存在するからだ。
自分が知らなくても、存在する世界がある。

どんなに少数派でも存在しているのだから、正しさを語りたいなら、考えてもらうしかない。



マジョリティ世界しか知らず、自立したこともなく、
誰かに頼って守られて生きてきた人など、尚更、正しさと言う剣を振り上げそうだ。




そんなことを感じた、TVニュース。
[3D]日々徒然01.19(Fri)00:28コメント(4)トラックバック(0)Top↑
dot1 dot1

#330 gafuさんへ

gafuさん、コメントありがとうございます。
gafuさんのおっしゃっているその番組。
たぶん同じ番組を私も見たのかも?^^;
でも、何と言う記憶力の違い!・・・;;
タイガーが世界NO1になった以降の放送だったのですか。。。

タイガーのように「己の成すべきことを知り、成すべき努力を惜しまず尽くす」
そういう方々によって多くの人が希望や夢を頂いているんでしょうね。
活躍の場は人ぞれぞれですが、
誰もが誰かのヒーローになることは可能な気がします。
与えられた天分(資質)を余すところ無く使い切る努力をしたいものです。



2007.03.16(Fri)03:19|3D編集Top↑

#328 タイガーウッズに反応して

タイガーウッズの努力には日頃感心している一人です。

日本の言う,嫌がらせとはまた違った嫌がらせが,多くあった事を、以前ドキュメントで知りました。

人種差別の根強い国である事を改めて知りました。

特に,アフリカンの血を引く彼は,どんなにゴルフが上手くても,ある国に置いては,コースに入れてもらえなかった経験もあるそうです。   白人より良い成績で,回ると,ブーイングを受けた事もしばしば。

母は,何時も,彼の努力が報われないので,ご主人と相談して,息子が可愛そうだから,ゴルフを止めさせようと考えたそうです。 お父様は,スポーツは万人のも,肌の色で競技に参加出来ないスポーツはおかしいと,何時も訴えておられました。  このドキュメントは,ウッズが,初めて世界NO1になった後、放送されました。

野球のメジャーでも,最近は待遇が良くなって来たそうですが,アジアンは,随分と,嫌がらせを受ける事を,新庄さんが語っていました。 しかし,今では,多くのアジアンが,世界に挑戦して,アジアンの力を見せています。

最近のCMで,凄く心に響く物がありました。      サッカーの三浦選手の。CMですが,彼が言います。

『世界は遠い?』  日本だって世界の一つじゃないか!!   これですよねー。  全く同感

スポーツは,日本から見ると,海外勢が強く感じてしまいます,そこで「世界は遠く,勝つのは難しい』と,言う事なのでしょうが,世界は の言葉に,確かに疑問がありますね。 日本は世界の一つであり,遠いものと言う言葉はおかしいのです。   日本語が難しいのか?日本を卑下しているのか?と思われてしまいますね。

すみません,ウッズさんの話から,広がってしまいました。

陰湿ないじめが問題な今日(過去からありますが)。  人は生きてると,子供時代だけではなく,大人社会でも多くのいじめに遭う事もあります。  対処方は,百人十色かもしれません。 いや,百人百色でしょうか?

長文読んで下さいましてありがとうございました。
2007.03.03(Sat)02:43|gafu編集Top↑

#326 スナフキンさんへ

くぅ~。お恥ずかしい。
論拠提示無しのグダグダな感情論を読まれたんですね;;
書いた後にも、気になっていたエントリーだったのですが・・・
いけませんね~。グダグダで。
持ってる気持ちは自分の考えそのものなのですが、いかんせん、文にするには私の懐が浅すぎました。
スナフキンさんのような考えかたも表現する文章も好きです。
頭の中での位置づけが文章にも表れるのでしょう。
あ~、書いてくださってありがとうございました。
自分の書いたものを改めて省みれて良かったです;;
2007.02.26(Mon)14:12|3D編集Top↑

#323 Not Subject

こんばんは。初めまして。
読ませていただきました。う~ん、人はというか群れができれば必然的にそこにルールを持ち出す人がいる。
所謂上澄みをすくう形であっても最低限のルールがないと
共存できないからだろうと私は思います。
まあ、だからといってそれがすべてに適用もされはすまいと
常々思っているわけで。
 元々個であるものが集団になる。同一な物などそこには
ありえないのに・・
 正直私は群れが苦手です。同じような・・はあっても
同じ感覚で物を捉える事は不可能だから。
マジョリティとは大多数と訳されますが、数の問題が
正義と結びつくとは私には思えない。
 単に大多数を規制するための物か枠のような
物だと考えます。まっとうな正義がそこに存在するか
否かは・・はっきりとはいえないでしょう。
 では、自立とはなんぞや?
条件かな?職業的?精神的?
なんにしても、人はどんな場合でも守られてというのは
あるだろうか・・もしもそうだとしても直面する問題の
一つや二つはある。
そこで自分の見解、価値判断、(それを偏見ともよぶかな?)
でもって考えられるかどうかが自立とよばれるものでは
ないでしょうか?そこにも様々な情報が作用していないとは
いえないけれど。
 誰かがこういった・・正しい意見かどうか・・どこにも
結局は正解などこの世のどこにもありはしないと
私は思います。

報道と言う物は・・何かに光をあててクローズアップするもの、
それもまたどこに真実があるのか、見る側の背景にも
大きく依存されていますよね?

何事も・・混在する、否定も肯定も・・この世は
そして人間とはそんな世界に生きるもの。

言われている事に否は唱えようと思っていません。
ちょっとコメントしました。失礼します。
2007.02.14(Wed)02:52|スナフキン編集Top↑

コメント投稿フォーム

本文:


名前:

件名:

BLOG/HP:

PASS:

SECRET:

[非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい] 

dot1 dot1
dot1 dot1

マジョリティとマイノリティ のトラックバック

マジョリティとマイノリティ のトラックバックアドレス

dot1 dot1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。