HOME»  » TOP  » RSS  » ADMIN

category

  • [BYJ]情報(204)
  • [BYJ]家族の想い(10)
  • [BYJ]動画(18)
  • [BYJ]Artwork(0)
  • [好き]音楽(19)
  • [好き]BOOK(5)
  • [好き]映画/ドラマ(9)
  • [好き]未分類(7)
  • [3D]動画(23)
  • [3D]画像(3)
  • [3D]日々徒然(148)
  • [3D]覚書(10)
  • [3D]お気にソフト(1)
  • [3D]情報(3)
  • [3D]未分類(49)
  • [情報]孫ブロ(21)
  • [情報]韓国(11)
  • [情報]PC関連(59)
  • [情報]サイト関連(11)
  • [情報]ソフト関連(2)
  • [情報]動画(12)
  • [情報]音楽(4)
  • [情報]画像(5)
  • [情報]カメラ(3)
  • [情報]未分類(24)
  • [情報]電子マネー(1)

クリック募金

Sponsored Link

dot1 dot1

listスポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告--.--(--)--:--|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑
dot1 dot1

#142 タイトル未入力

atu,タラバ・・・ちゃうちゃう。トラバ、教えてくれてありがとう。
感想、聞きたかったな、残念!!
若い子は、たまにはいいんだね?By Dairyより^m^
2005.10.17(Mon)06:36|3D編集Top↑

#135 タイトル未入力

3D  宿題をもらった生徒のような気持ちになったよ

凄く真剣に想いを書いたのに修正しようとして消してしまったよぅ
書き直ししたらインタビュー紹介になっちゃった。ゴメン
トラバするの恥ずかしい文章なんだけど許してね
2005.10.13(Thu)11:53|atu編集Top↑

コメント投稿フォーム

本文:


名前:

件名:

BLOG/HP:

PASS:

SECRET:

[非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい] 

dot1 dot1
dot1 dot1

スポンサーサイト のトラックバック

#19 ぺ・ヨンジュンのインタビュー

リンク集にある「LOVE LOVE YJ」にインタビューが掲載されていますインタビューを紹介(一度感想書いたのに。消してしまった 泣 紹介に変更)YJの魅力を再確認でした トップスターとしての重さや苦悩 責任感そして孤独い... .....続きを読む
2005.10.13(Thu)11:36|青い瞳Top↑

スポンサーサイト のトラックバックアドレス

dot1 dot1
dot1 dot1

list結婚についてのインタビュー

トップスター、韓流スター、アジアのスターと、ペ・ヨンジュンを修飾する言葉は数多い。完璧な微笑みをトレードマークにして、アジアに旋風を巻き起こした男。

*
日本公式訪問を終えて帰ってきたペ・ヨンジュンは、少しやつれて見えた。『痩せたみたいだ』と言う言葉に、『分かるかい?痩せてあたりまえだった。』と話す。

映画の公開を一日前控えて、6日午後ソウルロッテホテルの静かな客室で会ったペ・ヨンジュンは、今まで胸に収めていた言葉を、驚くほど多く語った。

「神秘主義」、「完壁主義」というベールに包まれていたペ・ヨンジュンの人柄や人間性を、充分に感じるとることができる時間だった。

台湾、香港、中国、日本などアジア10ヶ国で公開される『四月の雪』の韓国公開の一日前であるが、ペ・ヨンジュンはまだ映画を見ていないという。内外の外信が大勢集結したプレミア試写会で、『とても緊張して、映画を見れなかった。』と舞台挨拶したことが思い出されるが、今だに見ていないわけである。

『いつ映画を見るつもりなのか』という質問に、彼は『観客と一緒に、その感じを呼吸しながら見たい。』と語った。


10年前デビューした時は、想像することができなかった

『私は、社会性が無いようです。そんな私が、このようにインタビューを受けて、大衆の前に立つということは、本当に驚くべきな発展です。 両親は、まだ私が俳優という事実を、不思議に思っています。』

ペ・ヨンジュンは、幼い時のことを多く語った。その内容を通して、現在のペ・ヨンジュンの姿をより深く理解できるようである。

『幼稚園に通っていた時でありました。子供達はみんな外で遊んでいるのに、部屋で一人で本を見ていました。ふと視線を感じ、見たら、心配そうに見ている院長先生と、母親がいたことが思い出されます。私は幼いながらも、自分が間違っている、そんな気がしました。』

『消極的で内気な性格だったが、強くなりたいという願望は強かった。 幼い頃からモデルや芝居をして見ないかという提議は、多くあったが、自分ができる仕事とは思わなかった。』

映画監督を夢見たペ・ヨンジュンは、単純に留学費用を儲けるために演技を始めたという。留学に必要な費用がすべて集まった時は、既にスターとして大衆に対する責任が生じてしまった後だった。

10年前にデビューした時は、今のペ・ヨンジュンは、当然想像することができなかったという彼は、『運が良かった』という。『努力も一生懸命にしたが、運がなかったらこのようになることはできなかったです。』

『今は随分強くなったようだ』というペ・ヨンジュンは、『だから、このようにインタビューも受けているのです。』と笑った。


スターとしての負担

いつからか、スターとして感じる負担が大きくなった。俳優だけではなく、文化交流としてのイメージで、彼が行うことが、多くなった。

スターペ・ヨンジュンに対する期待がなかったら、俳優としてもっと多くの部分を、見せることができるのではないかと、彼は打ち明けた。

スターなので表に出すことができなかった俳優ペ・ヨンジュンの他の一面を、『スキャンダル』で挑戦したという。

『私を知っている人を、皆驚かせたかった。「スキャンダル」はそんな意味で選択した作品です。周りの人は皆、反対しました。君にはできないことだと。しかし結果的には意図した通りに、人々を驚かすことに成功したようです。』

常に新しい挑戦で人々を驚かせるペ・ヨンジュンは、その理由でホ・ジノ監督の作業スタイルを選択した。不慣れで新しい、完成されたフレームがない状態で、また他の挑戦をしたかったという。

『キャラクターよりは、俳優として成長したくて、満足行く仕事をして見たかったです。既に作られた状態ではなく、作って行こうと思ったし、何か満たされない状態で作業したかったんです。』

その結果、満足は得られたが、その過程は死ぬほど大変だった。

インタビューの途中、ホ・ジノ監督をこっそり見つめるペ・ヨンジュンの視線は、感謝とともに辛かった感情も訴えているようである。

完壁主義者という周りの評価にふさわしく、今まで100%、役柄に対して準備された状態でなければ、カメラの前に立つことができなかった彼が、何もない「無」の状態でも、カメラを恐れなくなった。

映画を撮影中、「インス」の感情に陷って生きたペ・ヨンジュンは、表に出すことができない状態が、とても大変だった。 しかし外部に露出した空間で、彼は泣きたくても泣くことができなかったという。

『後半部で涙を流すシーンを演技する時は、インスの苦痛とともに、自分自身の辛さも重なってました。あの時、とても大変で泣きたかった。とても辛くて涙が出そうで撮影現場を出たら、早朝なのに外にいた家族(ファン)が拍手をしてくれました。泣きたいけど、手を振りながら笑うしかありませんでした。』


運命的な愛が訪れることを信じます

『節制された生活をしたりはするが、禁欲ではありません。』

完璧な微笑みとソフトなイメージで、「完壁主義者」、「神秘主義者」と呼ばれているペ・ヨンジュンが、一人の人間としての本音を語った。

映画の公開を1日前に控えて、6日ソウルロッテホテルの静かな客室でペ・ヨンジュンに会った。

いつも変わらない微笑みと完璧な姿のため、一部のファンに、信じている宗教があるのではないかという誤解を受けているペ・ヨンジュン。しかし節制された生活は、一時のイメージが固まったためだけだという。

『先回、写真集を出す時の姿を見て、そんな誤解をされたみたいです。 しかし禁欲とまではいかなくても、もっと良い姿をお見せするために節制しただけです。』

ペ・ヨンジュンは、自身がしていることが商業的側面とつながっていることをよく知っている。俳優生活10年目で出版する写真集だが、お金を出して購入するファンに、努力しない姿を見せたくなかった。

『あの時は、自ら意味を付与しました。お金を出して写真集を買う方々に、変身した私の姿をお見せしたかったんです。死ぬほど大変でした。無惨でした。臭いにとても敏感になって、人がいるだけでも、我慢できないくらいでした。』

彼は自分の身体が、自分だけのものではないという事実に共感するという。おかげさまで、結婚すればどうなるかを考えたという。

『ファンの多くの愛に感謝するが、寂しくて孤独で、結婚を真剣に考えた。』

彼は『俳優としての人生に高い価値を感じるが、個人的な人生の価値はまた別だと思う。』と率直に打ち明けた。一人の人間として、一人の男としてペ・ヨンジュンは、運命的な愛の訪れを待っている。


幼い時は、はにかんで下を見て歩いた

『短所を簡単に話すと、才能がないということです』

アジアに旋風を起こしているスターペ・ヨンジュン。彼が打ち明ける彼の短所は何であろうか。

幼い時から、消極的で内気な性格だったというペ・ヨンジュン。いつも地だけ見て歩いて、道端の電信柱にぶつかったことも1・2度ではないという。

映画の公開前を一日前に控えて、6日午後ソウルロッテホテルの静かな客室で会ったペ・ヨンジュンは、「神秘主義」、「完壁主義」という世間のイメージとは違い、小心で恥ずかしがりやだった時代の話を打ち明けた。

静かな子供から大衆のスターに成長したペ・ヨンジュンが、こっそり公開した自分の短所は、才能がないというのだ。

『家族とは面白い話をしても、他のところではできません。 歌うことも照れくさくて。「スキャンダル」のイ・ジェヨン監督が、他の俳優は歌もダンスもするのに、おまえは何なんだと言うほどでした。』

しかしペ・ヨンジュンの言葉は、謙遜しているだけと横で聞いていたホ・ジノ監督が反論した。『実際カラオケで検証して見たら、ペ・ヨンジュンはある程度の歌の実力があった。』

ホ・ジノ監督の言葉を笑いながら聞いたペ・ヨンジュンは、『無理やりにカラオケに連れて行かれて、一曲歌った。』と語る。

ペ・ヨンジュンは、キム・クァンソクとキム・ヒョンシク、シン・ソンウの歌が好きだという。『特に「序詩」が好きだ。』と打ち明けた。ペ・ヨンジュンは、シン・ソンウのファンでもあるが、個人的にも親しい関係であるという。

柔らかさと強さの2つの魅力を持った男ペ・ヨンジュン、自らの短所を補って行く努力が、現在の彼を作ったのではないかと思う。


良妻賢母の女性を望むようになりました

映画の中の「インス」と「ソヨン」の感情に共感することができたら、かえって演技しやすかったとペ・ヨンジュンは語る。

彼は、妻の裏切りを知った状況、妻が交通事故で寝ているその最悪の状況で、他の女性に心がひかれるという不倫の設定を、共感することができなかったという。

『理解することができませんでした。他の女性にひかれることさえ、共感することができませんでした。それで映画の中のインスの姿が、ソヨンより消極的に描かれたようです。一歩、後にひいている感じです。』

ペ・ヨンジュンは、この映画を通して愛と結婚、人生に対して多くのことを感じたという。インスとして暮した数ヶ月間、彼はとても苦して悶々としたそうだ。

『今までは演技する時、キャラクターに投入する感情の度合いを、私自身が決めました。他の俳優が作品を終えてから、キャラクターから抜けきれず苦労していることに、理解できませんでした。私は作品が終われば、すぐキャラクターから抜けてました。しかし今度の映画は、人物の重さのため、涙を流して胸にしこりができたようでした。作品を終わらせてから、胸がいっぱいでした。今は分かります。映画の中の人物に生きるというのを。』

この映画に出演して、今までよく生きて来たか、正しく行っているかどうかさえ混乱したというペ・ヨンジュン。おかげで結婚に対しても、真剣に考えるようになった。

『以前は、理想のタイプに対して、様々な考えをしました。インタビューで、自己啓発できて、賢明な女性が好きだと言った記憶もあります。 「外出(四月の雪)」を収録しながら考えたことは、「ソヨン」にひかれることを見れば、良妻賢母タイプが好きなのではないかということです。 密かにそんな女性を望む心が、作品を通じて表れた気がします。』

ペ・ヨンジュンは、心の隙間を満たしてくれる人、信頼できて一緒に生きて行くことができる人を捜している。『人間関係で、信頼ほど重要なことがあるでしょうか』という彼の言葉は、スターとしてではなく、一人の人間としての信念を感じさせられる。
[BYJ]情報10.13(Thu)08:07コメント(2)トラックバック(1)Top↑
dot1 dot1

#142 タイトル未入力

atu,タラバ・・・ちゃうちゃう。トラバ、教えてくれてありがとう。
感想、聞きたかったな、残念!!
若い子は、たまにはいいんだね?By Dairyより^m^
2005.10.17(Mon)06:36|3D編集Top↑

#135 タイトル未入力

3D  宿題をもらった生徒のような気持ちになったよ

凄く真剣に想いを書いたのに修正しようとして消してしまったよぅ
書き直ししたらインタビュー紹介になっちゃった。ゴメン
トラバするの恥ずかしい文章なんだけど許してね
2005.10.13(Thu)11:53|atu編集Top↑

コメント投稿フォーム

本文:


名前:

件名:

BLOG/HP:

PASS:

SECRET:

[非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい] 

dot1 dot1
dot1 dot1

結婚についてのインタビュー のトラックバック

#19 ぺ・ヨンジュンのインタビュー

リンク集にある「LOVE LOVE YJ」にインタビューが掲載されていますインタビューを紹介(一度感想書いたのに。消してしまった 泣 紹介に変更)YJの魅力を再確認でした トップスターとしての重さや苦悩 責任感そして孤独い... .....続きを読む
2005.10.13(Thu)11:36|青い瞳Top↑

結婚についてのインタビュー のトラックバックアドレス

dot1 dot1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。