HOME»  » TOP  » RSS  » ADMIN

category

  • [BYJ]情報(204)
  • [BYJ]家族の想い(10)
  • [BYJ]動画(18)
  • [BYJ]Artwork(0)
  • [好き]音楽(19)
  • [好き]BOOK(5)
  • [好き]映画/ドラマ(9)
  • [好き]未分類(7)
  • [3D]動画(23)
  • [3D]画像(3)
  • [3D]日々徒然(148)
  • [3D]覚書(10)
  • [3D]お気にソフト(1)
  • [3D]情報(3)
  • [3D]未分類(49)
  • [情報]孫ブロ(21)
  • [情報]韓国(11)
  • [情報]PC関連(59)
  • [情報]サイト関連(11)
  • [情報]ソフト関連(2)
  • [情報]動画(12)
  • [情報]音楽(4)
  • [情報]画像(5)
  • [情報]カメラ(3)
  • [情報]未分類(24)
  • [情報]電子マネー(1)

クリック募金

Sponsored Link

dot1 dot1

listスポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告--.--(--)--:--|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑
dot1 dot1

コメント投稿フォーム

本文:


名前:

件名:

BLOG/HP:

PASS:

SECRET:

[非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい] 

dot1 dot1
dot1 dot1

list外国人の女性が見た韓国の性文化

気になったので載せてみました。
20050127234147s.jpg
韓国に初めて来たときはすべてのものが新しく、珍しかった。
*
塾で学生らに英語を教えたときのことだ。

「韓国では業務上の席に妻を同伴するはことはありません。もし、事業上お酒を飲まなければならないときは、お酒を注いでくれる可愛くて若い女の子がいるサロンに行きます。」ある男の学生が堂々と言い、大変驚いた。その男の学生だけでなく、多くの韓国男性は自分がサロンやマッサージに行ってきた経験を誇らしげに語る。

米国や欧州などではそのような経験を公然と話す男性に会ったことがない。西洋では社会的に失敗した人や老人、性的倒錯者らだけがそのようなところに行くとされている。

また、東洋人は性に対しはるかに保守的だという固定観念を持っていたため、韓国男性のこういう態度は私を一層驚かせた。

だがその後、韓国男性の開放された性意識が女性には該当されないということを発見し、もう一度驚いた。「私は家に夕方6時まで帰宅しなければならないんです。父が厳しいです」と話した女性が「もちろん私より年下の弟は夜明けに帰宅しても大丈夫ですが」と言った。

韓国の女性は韓国の男性と正反対だ。自分の性経験に対し話すのを避けるのはもちろん、避妊、エイズ、性病、性暴行に対しても口を開かない。

同じ男性や女性でも性に対する態度は千差万別だ。

自由奔放な恋愛をし、進歩的な女性観を持った人々がいると思えば、男女間の差を強調する伝統的な女性観を主張する人もいる。おそらく韓国の高速成長が伝統と現代の混在を来したのと似たような様相だという感じを受けた。

また、もうひとつ驚いた点は、韓国の女性が自分の身体に対して無知だということだ。多くの女性が私のところに来て自分を性的に虐待する男性や親戚に対し、誰と相談したらいいいのかを聞くのだ。

また、事後避妊薬をどこで購入するのか、結婚前に産婦人科の医師と相談する必要性があるのか、などを聞いたりもする。

私が下す結論は、韓国には男女間に違う性基準が存在するということだ。

男性は酒屋に行っていいが、女性はだめで、男性は性に対して話してもいいが、女性はそのような話をしてはならない方がいい。婚前の性経験が男性には当然だが、女性は隠さなければならない。 

韓国生活3年目の私が感じる性問題の解決策は、性に対する開かれた教育だ。

ニュージーランドでは11歳、12歳程度なら、具体的な性教育を受ける。マンガの本や映画を通じ、実際的な性関係の場面を見せ、避妊に対する情報も提供する。性相談と避妊薬はどこででも無料で提供されている。その上、1990年代のエイズに対する恐怖で安全なセックス、自分の体を大切にすべきだという認識が一般化した。

最近、韓国では10代の性問題はまるで「爆発直前の爆薬と同じ」だという印象を受ける。どんなところでも性を売買できる。TVでは、自動車広告からラーメン広告まで性的イメージが動員される。10代には性病とセクハラ、性虐待がまん延している。韓国政府が画期的な措置を行わない限り、10代の性問題は一層悪化するだろう。

ニコラ・ジョーンズ<ニュージーランド、梨花(イファ)女子大学女性問題研究センター招へい研究委員>


2002.01.11 23:18
[情報]韓国01.27(Thu)23:42コメント(0)|トラックバック(-)|Top↑
dot1 dot1

コメント投稿フォーム

本文:


名前:

件名:

BLOG/HP:

PASS:

SECRET:

[非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい] 

dot1 dot1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。