HOME»  » TOP  » RSS  » ADMIN

category

  • [BYJ]情報(204)
  • [BYJ]家族の想い(10)
  • [BYJ]動画(18)
  • [BYJ]Artwork(0)
  • [好き]音楽(19)
  • [好き]BOOK(5)
  • [好き]映画/ドラマ(9)
  • [好き]未分類(7)
  • [3D]動画(23)
  • [3D]画像(3)
  • [3D]日々徒然(148)
  • [3D]覚書(10)
  • [3D]お気にソフト(1)
  • [3D]情報(3)
  • [3D]未分類(49)
  • [情報]孫ブロ(21)
  • [情報]韓国(11)
  • [情報]PC関連(59)
  • [情報]サイト関連(11)
  • [情報]ソフト関連(2)
  • [情報]動画(12)
  • [情報]音楽(4)
  • [情報]画像(5)
  • [情報]カメラ(3)
  • [情報]未分類(24)
  • [情報]電子マネー(1)

クリック募金

Sponsored Link

dot1 dot1

listスポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告--.--(--)--:--|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑
dot1 dot1

list自鯖沼

ここのところ、自鯖沼にズブズブと嵌っております。
調べれば調べるほどに、深みに嵌ってゆく私。あ~あ(泣)

今の今まで、Windows上で動作するサイト構築と考えておりましたが、中古PCを24時間稼動するサーバとして使用するなら、UNIXの方が適していると先ほど判明しました。
PC-UNIXと言われるLinux上で動作する環境を作った方が後々メンテの手間もかからないかも知れない(そうとは限らないが^^;)

ぼちぼち、ぼちぼちと勉強してみます;;



【Linux(リナックス)】
1991年にフィンランドのヘルシンキ大学の大学院生(当時)Linus Torvalds氏によって開発された、UNIX互換のOS。その後フリーソフトウェアとして公開され、全世界のボランティアの開発者によって改良が重ねられた。Linuxは学術機関を中心に広く普及しており、企業のインターネットサーバとしても多く採用されている。最近では携帯電話やデジタル家電など組み込み機器のOSとしても普及し始めている。

 Linuxは既存のOSのコードを流用せず、0から書き起こされた。GPLというライセンス体系に基づいて、誰でも自由に改変・再配布することができる(ただし、改変・追加した部分はGPLに基づいて無償で公開しなければならない)。開発当初はIntel社のx86系マイクロプロセッサを搭載したコンピュータでしか動かなかったが、多くのプログラマによって、Alpha、SPARC、PowerPCなどのプラットフォームに移植された。

 Linuxは他のOSに比べ、低い性能のコンピュータでも軽快に動作する。また、ネットワーク機能やセキュリティーに優れ、また非常に安定しているという特長を持つ。いらない機能を削ぎ落とし、必要な機能だけを選んでOSを再構築することができるという点も他の多くのOSには見られない特徴である。

 本来、「Linux」とはカーネル(kernel)と呼ばれるOSの核となる部分のみを指す言葉だったが、Linuxカーネル上で動作するシステム全体を指す言葉としても用いられることが多い。Linuxは通常、コマンドやインストーラ、ユーティリティなど、システムの構築・運用に必要なソフトウェア群とともに配布される。カーネルとこれらのソフトウェアをまとめた配布パッケージをディストリビューション(distribution)という。
出典(IT用語辞典


Linuxには協会認定資格まであった^^;

【LPI認定資格】
Linuxプロフェッショナル協会が実施している世界共通のベンダーニュートラル資格です。
いま一番Linuxの資格の中で認知度があり、人気の高い資格です。
LPI試験にはレベル1(基礎)、レベル2(中級)、レベル(上級)3の三つがあります。
レベル毎に2つの試験に合格しないと認定がされません。
この資格の最大のメリットは、どんなLinuxにも通用するスキルが身に付くという点です。
Linuxプロフェッショナル協会は、非営利団体ですので、ディストリビューションに影響されない知識が身につきます。Linuxを基礎から覚えたいという場合には、この資格が一番良いでしょう。

・・・・・とのことです。
スポンサーサイト
[情報]PC関連10.30(Thu)19:42コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot1 dot1

listFlash

shin's Flash
[BYJ]動画10.28(Tue)19:40コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot1 dot1

listブロコリサークルの今後の形態を考える

インターネットでDBを借りて、いくら位払う事になるのかの目安をネット検索を駆使して調べたいと思います。

まず、今のブロコリサークルって、一般的にいうとどういう形態になるのかな?

まず、現状。
imxはbrokore.comという独自ドメインを取得していて、その中にclubというサブドメインを発行している。club.brokore.comこれが、ブロコリサークル全体のドメインとなっている。そのサブドメイン使用者という形で各サークル名が存在しているという形。
(サブドメインclub.brokore.comの使用者IDとして各サークル名がある)
なので、現行のシステムのまま移行すると、各サークル毎に課金されるというシステムにならざる負えないのではないかと思う。

次に、ホスティングサービス(レンタルサーバ)会社の金額と使用できる容量を調べてみた。

・ロリポップ  ・初期費用/ 0円・月額/263円200MB//368円500MB
・さくらinternet・初期費用/1000円・月額/125円300MB//500円1GB//1500円 3GB
・TOK2     ・初期費用/ 0円・月額/200円容量無制限

上記の中でもTOK2は実際に自分で使っているレンタルサーバ会社。
使用感は・・・・・ブロコリの10分の1くらいの速度という感じでしょうか・・・
ブロコリサークルのように多くの方がアクセスするところでは、一瞬でパンクです。

では、今後のブロコリの予定ではどのような形態を考えているのか。
アンケート中にあった孫さんの言葉によれば、

―ブロコリコミュニティを有料化する場合、その基本利用料として全てのコミュニティ利用ユーザに月額100円前後、さらにデータ容量(映像、画像、文章等)に応じた従量制によって月額100円~数百円程度が課金される方式を考えております。―

という方向性で考えているようだ。

基本料金100円、後は従量課金制(100円~数百円)

なんか、凄~く安く感じる。あのサクサク環境でこの値段・・・。
たぶん、ロムだけの方にも課金されるということで、書き込む(UPロードする)人達の支払いが軽減されるんだろうけれど。

私は以前、容量に応じて課金されるサーバーを借りていた時期がありました。
その時は基本料金が月額500円だったと記憶しております。
サーバに、UPする度に課金されるのとMV等をクリックされる度サーバから出力されることによる課金とが基本料金に加算され仕組みだったと思います。たぶん、これが従量課金制度というのだと思います。
サクサク環境でMVを見て欲しいからという思いで借りたサーバでしたが、ある時、私のMVのURLがどなたかの貼り付けによって、いくつかのサイトで紹介されて、物凄いサーバ出力容量となり、通常の感覚ではとてもじゃないけど払えない金額にまでなった記憶があります。

ブロコリURLを他所に貼られるということは当然起こりえることだし、音・動画・写真、容量の多い物を好んで使う作者が多いブロコリで、本当にそんな低金額で大丈夫なのかと、少しimxを心配してしまう。


*従量課金とはどういう事を指すのか。

通信サービスの課金方式の一つ。「3分10円」などのように、利用時間に応じて課金される料金体系のこと。

 これに対し、「月額3000円」などのように、利用時間の長さに関わらず常に一定の利用料金が課金される料金体系は定額制と呼ばれる。

 電話の通話料などは従量制(もしくはその変形)がほとんどである。電話料金では従量制の通話料のほかに月額固定の基本料金を払う必要があるが、インターネットの接続サービスなどで基本料金が必要ない従量課金体系を「完全従量制」などと呼んで区別する場合がある。

 基本料金に一定時間分の利用料金を含んでいる場合など、従量制と定額制の中間にあたる課金体系については「定額従量制」などと呼ばれる。

 このほか、一定時間に満たない利用については従量制もしくは定額従量制を採用し、一定時間以上の利用についてはそれ以上いくら利用しても常に一定料金を課金する体系は「キャップ制」などと呼ばれる。


従量定額制についての興味深い記事があったので以下で紹介

NIKKEI.NET IT-PLUS 従量課金方式を封印した韓国の通信事情筆者:趙 章恩(チョウ・チャンウン)

Rauru Blog : 従量課金しませんか
[情報]孫ブロ10.28(Tue)19:40コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot1 dot1

list自鯖+独自ドメイン

ネットで調べながら、少しずつ、自鯖の準備をしている。
今はまだローカルでMySQLのテストに使うぐらいの段階だけどね。

実はbyj.fan-site.netはサブドメインで運営してるので、このレンタルサーバー以外では使えない。
でも、今借りてるサーバーの動作環境が良くないので、いづれは何とかしなくちゃと思っていた。

だから、今後、ブロコリが新システムになった時にサーバーのレンタル事業とか始めちゃうかもしれないから(いちおうお願いした^^;)、その時には、いつでも移れるようにと思って、今日、独自ドメインを取得した。

imxでサーバーレンタル事業が始まるまで待つかどうか迷ったが、独自ドメインならば、自鯖で運営しながら待つことも可能だから、ちょうどいい機会かなと思ったんだ。

独自ドメイン自体は年に990円の管理費で持つことが出来るのでそんなに負担にはならないし、何より、自分でサーバー運営に必要な知識を少しずつ覚えてゆけるのが面白い。

知識が無いゆえに、しちゃってる無謀な行動とか、自分でDBとか弄ってると解かってくることがある。

ローカルでテストしないで、借りてるDB上でモジュールの様子を確認したりする行為とかは、無謀で迷惑。
知識が無いと、本人よりも周りに迷惑をかけてしまう。


ブロコリに集まる人達は、殆どがPC初心者からスタートしているから、
ブロコリから別のサイトに大容量のURLを持って行ったりとか、
有り得ないようなネチケット違反をしてる人もいっぱい居るんだろうか。
サーバーの負荷も相当なものになるだろうなぁ。
[情報]PC関連10.28(Tue)19:39コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot1 dot1

listブロコリ有料化について考察2

ブロコリ自治会会議室のスレッドがどんどん感情的になってきている。
どうしても残したいという気持ちが逸るのだろう。
しかし、「私の感情とは少し距離があるかもしれないなぁ」と感じるスレも中にはある。

まず、私は自分達の為にどうしても「ブロコリを残して欲しい」とは思っていない。
その理由は、ブロコリがなくても私たちは生きてゆけるからだ。
確かに今、ブロコリが消えたら、寂しくて彷徨う家族が多く出ることになるだろうと思う。
しかし、死にはしない。
ブロコリが消えたからといって私たちは死にはしない。

だが、imxはどうだろうか。
今のメタボブロコリを存続することには生死が掛かっているのではないだろうか。
今までは、ブロコリで湯水のように使う経費も全て損金計上で節税に一役買っていただろう。
しかし、2004年にBYJを日本に紹介してから昨年度までのimxと今年度からのimxでは収入基盤も額もガラッと変わったはず。
ブロコリは節税を担う部門から、収益圧迫部門へと変わってしまった。
今回の孫さんのブロコリユーザーへの問いかけは、企業として何度も検討を重ねた上での最終の問いかけだったのだと思う。

だから、私は、今回の10月末の結果が5000人に満たないのであれば、今のブロコリを一旦止め、2500人の会員となってくれるユーザーのサイズに合わせた新生ブロコリになって、また、私たちと韓国を繋ぐ場所を作ってくれたらそれでいいと思ってる。

imxが成すべきことをする為に、必要なことをして欲しい。
それが私の願う着地点

今回の孫さんの呼びかけに応えた人は現在2500人程。
日本のBYJ家族は、公式登録人数から考えて10万人位かなと思っていた時期もあったが、今は何人くらいになったのだろう。
諸行無常。

自治会会議室で継続を要望している人たちは、今のままの使い勝手を望んでいるのだろうか?
今の自分たちの作品を残したままにして欲しいということなのだろうか?
月額200円では使えるはずも無い、サクサクの動作環境、容量を備えた今のブロコリを使い続けたいから存続を望んでいるのだろうか?
今のブロコリを削除して、新しいシステムのスリムなブロコリじゃダメなのかなぁ?


*追記

私はブロコリは無くなると思っていないんだ。
imxはインタラクティブ・メディア・ミックスの意味なんでしょ。
だから、運営方針や形式が変更になっても、ブロコリ自体は残ると思っている。

「ブロコリが無くなるかもしれない」と危機感を感じている人達は、サークルやブログが無くなる事が辛いのではないかな?
ブロコリが無くなるのが辛いのか、サークルが無くなるのが辛いのか。
何を守ろうと考えているのかを今一度、自治会会議室に書いてる人達は明確にしたほうが良いのではないかと思う。
[情報]孫ブロ10.26(Sun)19:37コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot1 dot1

listブロコリ有料化について考察

ブロコリで有料化についての意見が飛び交っている。
意見交換の掲示板も作られ、今後についてユーザーの声も直に伝えられるようになった。

ブロコリ自治会

はじめの頃は、サークルやブログ等の容量が嵩んで来ていることで、関わる費用も相当大きくなっているのだろうと思ったので、使用者がその負担をするのは当然だと考えていた。
しかし、蓋を開けてみれば入金人数は見込みの5分の2程度。(金銭が絡むと本質が見えるというものだ。)
サイト使用量に対して課金するという考え方だけでは解決が難しそうだ。
そんなことを思っていた矢先「ブロたび」がスタートした。
「ブロたび」の中身をチラ見したら「会員限定韓国の旅25000円~」と書いてあった。安いなぁ~!と思ったその時に考えたのだが、ブロコリに登録すること自体に付加価値が付けば、サークルとかブログとか関係なく資金を調達することが可能になる。
会員限定サイトに登録することで支払う費用相当分の見返りがあれば、会員になることに躊躇する人は減るだろう。こういう方法なら登録会員が集まりやすいのではないか。
会員カードを発行する為にという名目で会費を貰ったらどうかという案も出たみたいだが、カードを作るためと言うのでは、本末転倒。加入動機としては弱いと思う。
会員になったほうが得をする、もしくは損しない。こういう観点で考えて見たほうが良いと思う。
また、サークルやブログを見る為に会費を払うという観点で考えている人もいるようだが、もし、書き込み主サイドが自分達の作品に対する対価が必要とされていると考えているとしたら、それは大いなる勘違いだと私は思う。
アマチュアの作品に対価を払えとはブロコリでも考えていないだろう。
楽しむ場を提供することに対する対価をと考えているのだと思う。

何故、ブロコリにBYJ家族のサークルが続々と開設されるのか。
何故、ブロコリにBYJ家族のブログが4386件も開設されるのか。
それは、ブロコリにBYJ家族が多く集まっているから。
[b]ブロコリだから、人が集まってくるのだ。[/b]
ブロコリ自体の付加価値。
ここを今まで以上に高めて、会費を払ってでも利用したいと思われるような改定を切に望む。
[情報]孫ブロ10.24(Fri)19:35コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot1 dot1

listMI3-Mission Impossible3-

MI2が一番好きなのだが、you tubeで見つけたMI3の↓のMVは良く出来てて、カッコいいので好きだ。MaggieQがSexyでいい女っぷり。裸のようなドレスを堂々と着こなす姿がカッコ良くて悶える。音楽も◎。

Maggie Q makes me wanna La La
[好き]映画/ドラマ10.20(Mon)19:33コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot1 dot1

listMI2-Mission Impossible2-ネタバレ有

MI2、好き。
sexyでカッコ良くて好き。
MIの中では一番、2が良く出来てると思う。
監督は何てったってジョン・ウーだ。
アクションシーンが美しい。
今までに見たこともない、私の想像以上のsexyでカッコいいアクションシーンを見せてくれる。
ラブロマンスと相まって、ドキドキさせてくれる監督だわ。

山道でのカーチェイスシーン(このシーンに痺れた、感電した、撃沈した。こんなシーンを考え付くなんて凄すぎるよ、監督)ナイアがキメラ(20時間後には死亡する殺人ウィルス)を自分の腕に打つシーン、ふたりの視線の絡み合いがsexyで何度観ても心を鷲掴みにされます。
音楽が盛り上げる~。
選曲センスも最高だよね。
今日はTVでやってたのでひさしぶりに観れて良かった^^v

you tubeで見つけたMI2↓↓↓
女盗賊のナイアとイーサンの出逢いのシーン。鮮やかな赤と情熱的な音楽が、ミッションの為にナイアに近づこうとするイーサンと彼女の間に広がり、ふたりを映し、隠す。
山道でのふたりのカーチェイスシーン。ナイアの車を救おうとするイーサンとイーサンを見つめるナイアの瞳が会話をするsexyで美しいシーン。(TTロードスターは野生の猫のようなナイアを表現するのにぴったりな車だと思う)


悪者の手に渡さない為に自分の腕に大量殺人ウィルス(キメラ)を打つナイア。一緒に逃げるのは無理だから、私を殺してと言うがイーサンは「まだ、時間はある。必ず助けに来るから生きていろ」と言って一人ビルから飛び降りてゆくシーン。
盗賊として生きてきたナイアだけど、命を懸けてもいいと思える男と出会ってしまったんだな。何度観てもナイアの気持ちに泣ける。そして、その気持ちに答えようとするイーサンの心に惚れる。
自分の命を賭けられる程の相手と出会えたと言うことは、それだけで幸せな事だなぁと思う、私であります。


これは音楽を後から編集で入れたカーチェイスシーンMV
最初と最後のシーンが上のVよりも長いので(MI2を初めてちゃんと見る方には)ふたりの感情がより理解しやすくなると思います。


最後はお馴染みのtheme song
Limp bizkit - take a look around
[好き]映画/ドラマ10.19(Sun)19:32コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot1 dot1

listブロコリが旅のお手伝い-ブロたび-

格安でソウルへの旅が出来るプラン等があるようです。

ブロたび

今日、知ったんだ、ブロたび。
孫社長もいろいろ考えて、努力してるんだなぁ。
[情報]孫ブロ10.19(Sun)19:31コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot1 dot1

listBYJ動画

By LL
http://www.geocities.jp/lljoon0829/without_glasses.wmv

http://lf.geocities.jp/lljoon0829/insu_without_glasses.wmv

http://lf.geocities.jp/lljoon0829/takingphotos.wmv


By maron
http://www.geocities.jp/maron44082944/car.wmv

http://www.geocities.jp/maron44082944/kazoku.wmv


2004年アジアツアー
http://vod.ietn.co.kr/day/mov/enter_station/2004/03/200403291707280693_s.wmv


By vanvan
http://www.vanvanspice.com/100days2008remaku33.swf
[情報]動画10.19(Sun)19:30コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot1 dot1

listブロコリへの振込み件数

10月4日までの総数で1001件。
アクセス数は月間平均でみても、今回の振込件数の数十倍以上とのこと。

結局、殆どのブロコリ会員はお金を払いたくないという答えを出したと言う事になる。
JOONに僅かでも逢えるのならばと数万円もしくは数十万円出すのは惜しくはないが、ブロコリに払う1200円は惜しいと考えたのだろう。(月換算でたったの200円!)
これから、もっと時間が経っていく中で入金数が劇的に伸びるとは考えにくい。
5000名位の人数からの徴収が必要ということなので
1200円×2×5000人=1200万円
年間1200万の収入で運営をしてゆこうと考えているのだろうか。
imxのことだから、たぶん最低線で算出していそうな気がするなぁ。
最低1200万の収入を必要としているのに、現在集まったのは、120万位ということだろうか。

たぶん、今の状況で支払い人数を5000人に増やすのには無理がある。
サークルオーナーは少なくても支払うことに同意するだろう。(嫌だと思う人はサークルを閉めるだろうし)
しかし、サークル数がそこまで無い。
現在、サークル総数334件。
ぜんぜん足らない。
ところが


ブログ総数はなんと7359件。
ブログ組も含めて考えたら、5000人も行けそうな数字だったんだろう。

しかし結果は1001件。
ユーザーの意見を尊重したいと言う考え方は素晴らしいが、全員の意見が揃うことは無い。
5000人と言うことは、ブログとサークルの総数7693件のオーナーの65%のOKを貰うと言うことになるが、結構きつい数字じゃないかな。

こういう状況のままだったら、月当たりの使用料を変更する方向性で考えたほうがいいかもしれない。
全員一律では反対意見が多く出てしまうと思うので、サークル(ブログ)開設は0円にして、投稿する人毎に基本料金100円(ブロメ分も合わせて基本容量分まで)超過分に対してその容量に応じて課金してゆくという方法が取れたらいいんだけどな。
でも投稿者毎の容量を見張ることができるシステムってあるのかな?

あと、私のようなサーバーを借りてる者は使用料を払うと言うことに慣れているので、こういった人が移設してもいいかなって思うシステムを作ってくれたらいいんじゃなかな。
私だったら、imxのサブドメインを発行して、MSQLも使えるDBを貸してくれるなら、お世話になった孫さんに役立つなら移ってもいいよ。
また、サイト構築する手間はかかるけれど、どうせ支払うお金ならば孫さんの役に立ちたいな。ちなみに私は年間3000円の支払いです。(安い^^;)

孫さん、ご一考くださいませ。
[情報]孫ブロ10.10(Fri)19:28コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot1 dot1

listハピネスでピカソな一日①ハピネス編

休日だというのに、昨日は早朝から活動を開始しまして、鼠先輩が歌うギロッポンに行って参りました。
(六本木交差点に立ったのは、はたして何年振りだったっけ?)
シネマート六本木は、交差点から近く解かりやすい立地にありましたが、想像していたよりも、こじんまりとしたサイズに驚きました。
(映画を観るには物足りないサイズでしたが、ティーチインに参加する者には嬉しいサイズでした。)
今回で5回目の韓流シネマフィスティバル…。
一時期の韓流ならば何でもOKのような人気はもう見えませんでしたが、あの流れはきっかけに過ぎず、これからは良い物だけが残っていくんでしょう。
スタッフの皆様のご尽力に感謝です。

ということで「ハピネス」

やはり、ホ・ジノ監督作品。
淡々とサラッ~と、だけど、バッサリと物語は進みエンドロールを迎えました。
「えっ、こんな終わり方?」
1回観ただけじゃ見落としてしまったものがあるんではないか?と思ってしまい、また観てしまう。
まさに、ホ・ジノWORLD。
一度観ただけでも、泣きが入る素晴らしいラブストーリーなのだが、そこはやっぱりThat'sホ・ジノ。
回を重ねて観れば観るほどに、発見があり、気づきがあり、成長がある。
観客は「間(見えない時間の経過)」というスペースを与えられ、自分自身と向き合いながらホ・ジノ監督の見つめる優しい視線の先を視る。


ホ・ジノ監督作品「ハピネス」―以下、パンフレットより

都会生活に疲れたヨンスは、肝硬変の治療のため、田舎の療養所に入所する。そこで彼は、肺疾患患者のウニと出逢い、死を恐れず、陽気でひたむきな彼女に彼女に魅かれてゆく。やがて療養所を出て、ともに暮らし始めるふたり。ウニの献身的な愛情によって、ヨンスがようやく健康を取り戻した頃、彼の前に昔の恋人が姿を現す。そして、永遠に思えたヨンスとウニとの関係にも亀裂が広がってゆくのだった…。


理想の女性像のようなウニ。
聖母マリアのような女性像に、浮わついて人生に実体の無い男、ミンスの組み合わせ。
ホ・ジノ監督の描く主演男女に見られる「ダメ男に良く出来た女」のパターン。
ホ・ジノ監督の女性賛歌のようでもあるし、男性としての自分自身の贖罪なのかなと思ったりしながら午前中は観てました。
物語りは、僅かなTimeラインで主人公たちの仕草、言葉、表情を示し、切り取られ進んでゆく。
かすかに揺れる葉先の音にさえ耳を傾け、私は意味を得ようとしました。
(ホ・ジノ監督は恋愛映画の巨匠と言われるが、ミステリー監督をやっても巨匠になるんではないかしら。
だって、いつも「どう解く?」と言われてるような気分だもの。)
四雪の時は何回見たんだろうか。
14回?20回?それ以上?
もう回数なんて忘れてしまったけれど、あの時程、同じ映画を繰り返し繰り返し観た経験は他にない。
そして、全国でその繰り返し観る行為は行われていた訳だから、その機会は相当なものだったのだろうと思う。
監督の力量もさることながら、やはりぺ・ヨンジュンの「持つ力」も凄かったんだなと今更ながらに思う。


以下ネタばれあり



ウニは天涯孤独のひとりぼっちの身の上。
肺がんに冒され、8年間の長い療養生活。
たぶんウニの心の中では、
自分はひとりぼっちのまま死んでゆくんだと覚悟を決めていたんではないだろうか。
回復もせず、死に向かう毎日の中で出逢ったミンスとの恋。
ウニにとって、生涯で最後の恋。
ウニは、文字通りこの恋に命を賭けた。
ウニは、同じ時は二度と無いということを理解している。
映画の中で何度か「死んでしまう」というような言葉が出てくるが、ウニとミンスの覚悟の違いが読み取れる。
真っ直ぐ愛する者へと注がれるウニの視線と言葉。
大荷物を抱え彷徨い、心もとない表情を見せるミンス。
死は生けるもの全てに訪れるが、そのことをあなたは本当に理解しているだろうか?と監督に問われた気がした。

この映画の題名である「ハピネス」をもっとも感じたシーンがある。
ふたりで農村で暮らし始めて、耕運機に肩を寄せ合って仲良く並んで農道を進んでゆくシーン。

この絵が素晴らしかった。
凄く美しい。

赤や黄色、緑の豊かな自然の中。
色とりどりの実りの色の中をカメラが引いていって、微笑みあう二人の姿がどんどん小さくなって一枚の絵の中にいる風景。
光差す豊かな時間。
あの時の二人は本当に幸せだったろうなと思う。
(私はホ・ジノ監督は背景をとても大切に撮っておられるように感じます。
より人物を際立たせる為にも背景は需要なのですが、個人的に言えば、監督の背景チョイスが好きなんです、私。
あと、意味があるんだか無いんだか観るものを翻弄する仕草も好きかな。
細々と見てしまいます。意図とかを探しちゃうんですよね~。)

ウニのお陰で体の健康を取り戻したミンスは都会の生活に戻りたくなってしまい、ソウルの町に行きたいとウニに告げる。
ふたりで生きることの喜びを知ってしまったウニにとって、ミンスと離れ一人ぼっちになることはとても辛い事だったろうと思う。
それがたとえ一瞬だとしても。
明日も命があるとは限らない。ウニにとって死は現実なのだ。
生の隣にはいつも死がいる。
でも、ミンスには解からない。ミンスにとって死は非現実。
将来を憂いて今ある幸せを見逃してしまうミンス。
療養所で悲劇的な死を迎えたおじさんが「良く生きろ」と教えてくれたのに。
ミンスは気づかないまま時を過ごしてゆく。
ミンスは尽くしてくれるウニに別れてくれとも言えず、でも、死を感じさせるウニの近くに居ることにも耐えられず。
ウニに自分を振ってくれと頼み、ウニはミンスに出て行って欲しいと告げる。

ミンスと別れてから死のシーンまでのウニの状況は全く映画には登場しない。
どのような気持ちで生きていたのだろうか。
悲しいことがあっても嘆いてばかりの時間ではなかっただろう。
小さくても喜びはあっただろうと、自分自身に照らし合わせて考えてみる。

ふたりが愛し合っていた頃にウニはミンスと約束をした。
「私が死ぬ時には傍に居てね」
だから、病院で最後の時、ウニは幸せな気持ちで死んでいけたのではないかと思った。
涙でゆっくりと頷くウニの心は「ありがとう」だったと思う。
ミンスはウニとの約束を守れたが、ウニは死んでしまった。
自分を本当に愛してくれる人はもう居ない。
ミンスは独りぼっちになった。


私が「えっ、こんな終わり方?」と思った最後のシーンは是非、映画館で確認してください。
映画館まで行けない方は、本で「ハピネス」を感じてはいかがでしょうか。


皆さんにとってのハピネスは何ですか^^
[BYJ]情報10.05(Sun)19:27コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot1 dot1

list今からハピネス

11時20分の回をこれから観ます。夜の部もチケットが取れたので、ホジノ監督のお話が聴けます。楽しみ!
[好き]映画/ドラマ10.02(Thu)11:05コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot1 dot1

listホジノ監督映画「ハピネス」

韓流シネマフィスティバル ホジノ監督映画「ハピネス」

↑これ、観に行きたいなぁ。
17日までの上映なんだね。
10月の連休にでも行くかなぁ。

電子チケットぴあ:上映タイムテーブル

『ハピネス』のホ・ジノ監督来日&ティーチインいよいよ明日から!

明日、ホ・ジノ監督のティーチインがあるから行こうかな。
ただ、当日券を手に入れなくてはならないから、朝から行かなきゃ。
そうなると、夜までどう過ごすかが問題・・・。

だけど、行くわ。
ホジノ監督の人となりを肌で感じたいもの。


詳しいアクセス方法
「大江戸線」ご利用の場合
大江戸線「六本木」駅5番出口を出て直進していただくと、2本目の路地角に解体中のビルとともに右に入る道がございます。そちらを右折して少し進んでいただくと、左手にございます。
「日比谷線」ご利用の場合
日比谷線「六本木」駅3番出口を出て、歩道を右折していただくと交差点に着きます。そのまま直進して横断歩道を渡ってしばらく進んでいただくと、2本目の路地角に解体中のビルとともに右に入る道がございます。そちらを右折して少し進んでいただくと、左手にございます。
主要駅から「六本木」駅までの路線
「東京」駅から地下鉄丸ノ内線で「霞ヶ関」駅まで行き、日比谷線に乗換え「六本木」駅で 下車――所要:約10分(乗換時間含めず)・「新宿」駅から地下鉄大江戸線に乗り「六本木」駅で下車――所要:約10分・「渋谷」駅から地下鉄半蔵門線で「青山一丁目」駅まで行き、大江戸線に乗換え「六本木」駅で下車――所要:約6分(乗換時間含めず)
[好き]映画/ドラマ10.02(Thu)08:24コメント(0)トラックバック(0)Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。