HOME»  » TOP  » RSS  » ADMIN

category

  • [BYJ]情報(204)
  • [BYJ]家族の想い(10)
  • [BYJ]動画(18)
  • [BYJ]Artwork(0)
  • [好き]音楽(19)
  • [好き]BOOK(5)
  • [好き]映画/ドラマ(9)
  • [好き]未分類(7)
  • [3D]動画(23)
  • [3D]画像(3)
  • [3D]日々徒然(148)
  • [3D]覚書(10)
  • [3D]お気にソフト(1)
  • [3D]情報(3)
  • [3D]未分類(49)
  • [情報]孫ブロ(21)
  • [情報]韓国(11)
  • [情報]PC関連(59)
  • [情報]サイト関連(11)
  • [情報]ソフト関連(2)
  • [情報]動画(12)
  • [情報]音楽(4)
  • [情報]画像(5)
  • [情報]カメラ(3)
  • [情報]未分類(24)
  • [情報]電子マネー(1)

クリック募金

Sponsored Link

dot1 dot1

listスポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告--.--(--)--:--|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑
dot1 dot1

listFLASH TAG②

・音楽と映像が別に作られたタイプ
後で音楽を差し替えられたり、消せる。
画像と音楽のタイミングがインターネット環境に左右される。
スポンサーサイト
[情報]PC関連04.29(Fri)10:30コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot1 dot1

listFLASH TAG①

・音楽と映像を創ったタイプ
音楽と映像のタイミングがいつでも思いどおりになる

[情報]PC関連04.29(Fri)10:28コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot1 dot1

listYJメッセージ2005.04.23

皆様、本当に久しぶりにお目にかかることが出来ました。

[BYJ]情報04.26(Tue)06:51コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot1 dot1

list自由

今、私がカキコしてる、このページ。
ここには文字だけでなく、画像も音楽も載せることが出来ます。
最近流行の「ブログ」も、「掲示板」も、TAGさえわかれば、あまり関係ありません。
(容量に関しては、主催者側のコントロールなので、ここは越えられないのですが・・・)

[情報]PC関連04.14(Thu)01:21コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot1 dot1

listイメージ

君は僕を愛していると言う

僕のことを本当に愛しているのかい?

君は僕の何を知っていると言うの?

話をしたことさえないだろう?


君が愛しているのは、君のイメージだよ

君が思ったとおりの僕さ






[3D]日々徒然04.14(Thu)01:18コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot1 dot1

list2001年のTV

=BYJは義理の男…ドッキリカメラ(モルカ)ばなし=

<BYJ、ソン・ユナ「モルカにあった」>

トップスターBYJ(28)とソン・ユナ(28)が「どっきりカメラ」にまんまとやられた。
TV娯楽番組にめったに姿を見せてこなかった彼らが‘モルカの罠’にかかるのは初めてのこと。
『スター イロン モスp チョウミヤ(こんな姿初めてだ~)』というタイトルがつくに相応しいBYJとソン・ユナの一風変わった姿は来月3日夜11時、MTV『ホテリアー前夜ショー』で電撃公開される。

モルカの顛末は次のようだ。BYJが先にやられた。

去る27日未明、ソウル江南のあるサムギョプサル店(三層肉焼肉の食堂)。
BYJは同僚タレントのイ・ジョンヨン、マネージャー、友だち等とプライベートの席を設けていた。
ところが、彼らの前でこの食堂のソニョカジャン【少女家長。孤児の意。】だという女性従業員が、
「滞った家賃を払え」という家主の取立てにひとしきり困惑を見せる。
もちろんすべてはBYJの反応をうかがうために演出したうその設定だ。
BYJはどんな態度を示しただろうか?
驚いたことに彼はソニョカジャンに代わって家主にさらりと45万ウォンを渡すという善行を施した。

翌28日、モルカの目標物はソン・ユナに向かった。
MTV『ホテリアー』の撮影真っ最中のソウルウォーカーヒルホテルで、ソン・ユナが突然倒れる。
ソン・ユナはBYJを欺くように大胆にも真に迫る失神演技を繰り広げた。しかしこれは「BYJを欺くという嘘の情報」でソン・ユナを欺くという「二重どっきりカメラ」。
BYJはソン・ユナのために東奔西走して紳士道を発揮する。
そして、「BYJ、どっきりカメラでした」という言葉が出る瞬間、
脚本どおり彼はソン・ユナが自分をだますとは思わなかったと怒り出す。
ソン・ユナの反応は?
涙を流してBYJに何度も謝るという純真さを見せた。

モルカを初めて体験したBYJは撮影した当時、少なからず不快感を示したとは後から聞いた話。
「編集した撮影内容を見た後で放送の可否を決めましょう」という特有の完璧主義を見せたという。

(チョ・ジェウォン記者)
[BYJ]情報04.02(Sat)16:17コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot1 dot1

listメアリー・オノプチェンコの詩

この詩は、メアリー・オノプチェンコが時ならぬ死を迎えた夜、-1988年9月9日-彼女の財布から見つかったものです。彼女の兄弟であるアレックスが埋葬の日、彼女に代わってこれを読みました。メアリーの性格や個性のエッセンスが一行一行に響いています。私たち誰もが直面するこの葛藤を、メアリーが理解したように、どうかあなたも読んで理解してください。        愛を込めて


葛藤

笑うことは 愚かに見られる危険を冒すこと

泣くことは 感傷的に見られる危険を冒すこと

人とふれあうことは かかわりあう危険を冒すこと

気持ちをさらけ出すことは 拒絶される危険を冒すこと

人前で自分の愛を語ることは 嘲笑される危険を冒すこと

愛することは 愛されないという危険を冒すこと

圧倒的な不利を承知で前進することは 失敗の危険を冒すこと


しかし冒険せねばならない なぜなら人生最大の危害は

何の危険も冒さないことにあるからだ

何の冒険もしない人は 何もしない 何もない 何でもない

苦難と悲しみからは逃れるかもしれないが

学ぶことも 感じることも 変わることも

成長することも 愛することもできない

自分の確信に縛られて奴隷になっている

自分の自由を失ってしまったのだ

冒険する人のみが自由なのだ


―保証ではなくチャンスを探せ

―人生はどうあったかではなく、これから何がおこるかである

―人生は旅であって目的地ではない

―欲しい状態を手にするには現状を手放さなければならない

―依存は相互同意による奴隷制だ

―矛盾―安定の欲求を手放せば安定を得る

―人生をそっとしのび足で歩いて、安全に死に到達しようとする人がいる

―先延ばしにする癖は、ほとんどの人が直すのを引きのばす欠点だ

―敵が欲しければ、誰かを変えようとすればいい

―成功とは、もう一度立ち上がることだ

―望むのは、本当に手にする意思のあるものにせよ

―問題から逃れる最善の方法は、それを解決することだ


今日が地球で生きる最後の日であるかのように生きよ

     いつの日か そうなる!




    
[3D]日々徒然04.02(Sat)15:22コメント(0)トラックバック(0)Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。