HOME»  » TOP  » RSS  » ADMIN

category

  • [BYJ]情報(204)
  • [BYJ]家族の想い(10)
  • [BYJ]動画(18)
  • [BYJ]Artwork(0)
  • [好き]音楽(19)
  • [好き]BOOK(5)
  • [好き]映画/ドラマ(9)
  • [好き]未分類(7)
  • [3D]動画(23)
  • [3D]画像(3)
  • [3D]日々徒然(148)
  • [3D]覚書(10)
  • [3D]お気にソフト(1)
  • [3D]情報(3)
  • [3D]未分類(49)
  • [情報]孫ブロ(21)
  • [情報]韓国(11)
  • [情報]PC関連(59)
  • [情報]サイト関連(11)
  • [情報]ソフト関連(2)
  • [情報]動画(12)
  • [情報]音楽(4)
  • [情報]画像(5)
  • [情報]カメラ(3)
  • [情報]未分類(24)
  • [情報]電子マネー(1)

クリック募金

Sponsored Link

dot1 dot1

listスポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告--.--(--)--:--|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑
dot1 dot1

list一業専心

俳優のBYJが好き。
俳優としての彼が好きになった。

彼が演じたミニョンみたいになりたいと憧れた。
彼が演じたインスに惚れた。

今、BYJは何になりたいのだろう。

俳優よりも実業家なのだろうか。


スポンサーサイト
[BYJ]家族の想い03.12(Thu)03:38コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot1 dot1

list家族という符号

私たちはBYJから、家族と呼ばれている。
家族という言葉が持つ本来の意味を知っている私たちは家族と読んでくれるBYJに親しみと愛情を感じている。

しかし、BOFにとっての家族という言葉は、ただの符号でしかないような気がする。
「家族」とは「ファン」であり「顧客」であり「消費者」であり「信者」を表現する、ただの符号として使われているのでは無いかと最近の私は感じる。

家族という言葉に、自分の想いを重ねてBYJを愛する家族達。

私の感じたこの思いは間違いであると、証明する事実に出会えたらと私は思う。
[BYJ]家族の想い12.21(Sun)20:18コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot1 dot1

list稲垣さんのJOON画

稲垣さんから頂いたJOONの素描画をムービーにしたいと思っている。
全てを一度PCに取り込んでからの作業になると思うので、直ぐに出来る事ではないが。

音楽を何にしようかなと、折に触れては考えている。
下に貼り付けたKokiaの「愛のメロディー」がいいかなと思っている。
JOONへの純粋で溢れる稲垣さんの想いに近いかなと思ったの。



[BYJ]家族の想い03.25(Tue)04:43コメント(3)トラックバック(0)Top↑
dot1 dot1

list2004年11月26日金曜日の出来事

今日は、午前中仕事で外に出たのを良いことに、午後からIJFの友人とお茶することが出来ました。
四神記の話に始まり、4時間ほど夢中になって話をして帰ってきました。

いろいろと話をしていた中で話題に上がったあの事故のこと。
JOON32歳、2004年11月26日金曜日の出来事。
深紅のJKが彼の晴れがましい気持ちを表すはずだったのに、
あの日、誰もが予想していなかった事故が起きてしまった。
幸いにも数人の方が軽症を負っただけだったのだが、マスコミは大きく書き立てた。

あの時の家族の気持ち。

JOONの元に飛んでゆきたいけれどそれは迷惑になる。
心配で心配で、でも自宅から動けない家族達はTVから目が離せなかったに違いない。

私も帰国するまでの5日間、一時も気が緩むことがなかった。
心配でTVやPCの前から離れられないでいた。
毎日寝不足だった。
帰国した時は寂しかったが、と同時に、これで心配しなくて済むとホッとする気持ちもあった。


家に戻り、あの時録画したTV番組を見ている。

誰もが望まない事故ではあったが、この番組を通して観た事故はJOONの魂を映し出していて、私には辛い出来事と記憶されていない。
片頬に浮かべた不敵な笑みを見る度に「こいつ、好きだわ」って思う。
本当に、このJOON大好き。
JOONの精神がこの時に集約されているようで大好きだ。

この後、あの記者会見が開かれる。
本当は写真集発売の晴れがましい記者会見となるはずだったはずの。




2004年11月25日~29日のJOONをDVDに残して置かなければ。
ビデオは劣化が激しいんだよね。
知らない人には教えてあげたい。
観てない人には見せてあげたい。
この時のJOON。
惚れ直すよ、きっと。


ビデオからPCへ接続用ラインを買ったら、編集してUPするつもり。
[BYJ]家族の想い12.15(Sat)21:47コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot1 dot1

list再掲「Bae yongjoonssiの家族の信条」

このエントリーは過去に書いたものだけれど再掲します。
この冒頭文はQuiltのサイトで「happuebbさん」が
「ヨンジュン氏のすべてのファンクラブの信条か誓約であるべきです」と
紹介したものです。

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

<原文>
”To laugh with him,to cry with him.
To protect him but give him the space to grow.

To give him a push when he needs a lift
but offers a safe shelter if need a rest.

To offer him suggestions but respect his final desision.
To give him support and love him.

We may not be there for him.
He may not khow each and everyone of us

but he will be able to draw strength and comfort from us・・・
For we are his family."

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~


***~:::~***~:::~***~:::~***~:::~*

<訳>
「彼と一緒に笑い、一緒に泣き、
彼を支えながらも、距離をおきます。

彼が後押しを必要とするときは背中を押し、
休息が必要な時は避難所を提供します。

彼に提案はするけども、彼の最終決定を尊重します。
彼を支援し愛します。

私たちは同じところにはいないかもしれません。
彼は私達ひとり一人知らないかもしれません、
でも私たちから強さと安らぎを得ることができるでしょう。

私たちは皆 彼の家族なのですから。」


***~:::~***~:::~***~:::~***~:::~*
byj-japan2004さんの訳文
[BYJ]家族の想い11.25(Sun)11:39コメント(0)トラックバック(0)Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。